2011年5月21日土曜日

代々木 - 山水楼 (酸辣湯麺日記第21弾)

久しぶりの酸辣湯麺日記

前回から3ヶ月以上も経ってしまった、もうちょっと新店開拓しないと。


今回はいつもの縄張りからちょっと離れて、代々木へ。

山水楼
代々木駅西口を出てすぐのところにある山水楼です。
見たまんま普通の中華料理屋。

メニューの点数が非常に多い店だが、卓上のメニューには、写真入りでクローズアップされていた。最近、このように目立つ扱いの店が多い。静かに流行中なのだろう。

当然、酸辣湯麺を注文。
具を見るとなかなか充実していて、豚肉、ハム、豆腐、椎茸、タケノコ、えのきが見える。具の量も結構多い。
やはり中華系店の酸辣湯麺は具では、日本人中心の店より充実している確率が高い。

スープは、とろみが効いた溶き卵ベース。なかなかの酸っぱさだ。辛さは中程度か。

食べていると、隣でも酸辣湯麺を注文していた。やはり人気者のようだ。

ただ、溶き卵系のスープは、卵がもったいなくて追い回しているうちにスープもほとんど飲み干してしまい、少々塩分摂取しすぎになりがちなので注意が必要。
でも、おいしいからついやってしまう。


今日の点数は、 スープ△ 2.5、麺△ 2.5、具◯3.0で、
2.5+2.5+3.0=8.0 です。