2013年11月21日木曜日

[linux] mozcで、かな入力。入力できない文字への対処。

mozcのかな入力で、はまった。

実際は、mozcの問題というよりもキーボード設定の問題だと思うんだけど、入力できない文字があって困った。
例えば、自分の場合、macbookからvncを通して、Ubuntu12.04のmozcでかな入力しようとするとどうしても小さい「ゃ」が打てなくて大きい「や」になってしまう。「ゅ」「ょ」はOKなのにである。
ちなみにシングルクォーテーションはちゃんと入力できる。

{むむぅ。随分、微妙な症状だなぁ・・・}
もちろん、ぐぐっても微妙すぎて解決法どころか同じ症状すら出てこない。

キーボードの設定を調べたが、すぐにわからなかったのと、
 ・ ディストリとかが違うとどうせ設定も違う。
 ・ vncを通すので問題がややこしい。
 ・ macからもwindowsからも操作したりするのでややこしい。
ので、
{追いかけるのも面倒だぞ、これは。}
と思い、頭に来たので、禁断の
ローマ字テーブル「かな」化作戦!!
を決行することにした。ダメ作戦と思いきや、意外に快適になったので、ローマ字テーブルをmozc設定画面からexportしたファイルをリンクしておきます。
そのままmozc設定画面からimportして使用できます。

使用時に注意するところは、
・ aを叩くと「ち」ではなく「a」と表示されるが変換するとちゃんと「ち」で変換できるので気にしないこと。(他のキーも同様)
・ 「0」のshiftは登録できないので、「を」を出すのは「ほ」のshiftになっている。
・ 自分の環境だと漢字入力モードでも、¥キーだけ押すと直接¥になってしまったので、「ー」は、shift+¥になっている。
・ 「」をshiftなし、『』をshift付きで出したいのだが「む」とバッティングするので、「」とセットで打ち込んだ時に「」が表示されるようになっている。
くらいかなー。

これを元に、好きにカスタマイズするといいかもしれません。

この方法で結構良かったのは、キーボードの微妙なカスタマイズが、ローマ字変換テーブルの調整でできちゃうところで、自分の環境にあわせて作れます。
また、ローマ字変換テーブルには、かなり複雑な入力パターンも登録できるので、IMEのカスタマイズとしても変な使い方が出来そうです。