2010年10月16日土曜日

秋葉原 - 銀座 一鳳 秋葉原店 (酸辣湯麺日記第17弾)

秋葉原の一鳳に行ってきました。

秋葉原TゾーンDIYショップで買い物をして、お腹すいたと思ってまわりをみたら、「麺処四川坦々」の文字のある店を発見。ここなら酸辣湯麺があるかもと思い店頭メニューを見ると、ありました。偶然見つけラッキーでした。

担々麺メインの店は、酸辣湯麺もいけてること多いので期待して入店。

入り口には食券機があり、当然のように酸辣湯麺ボタンを押す、他には、麻辣麺もありいい感じ。

店員の公用語は中国語。カウンター席に座り、注文して待つ。

で、やってきた。スープは基本の溶き卵ベース。飲んでみると、

「おっ、酸っぱい、いい感じじゃないか。」

一口めで、これはと思わせる店はなかなかない。
今まで回った店では、酸っぱさは一番。辛さもトップクラス。もちろん味もいけている。


「これは、きたかもしれないぞ。」

具は、明らかに平均よりも多く、具沢山が好みの私としてはうれしい。
内容は、パッと見たところ、きくらげ、とうふ、まいたけ、しめじ、わけぎ、白菜、豚肉。
白菜多めでいい感じ。
スープのとろみは少なめ。

麺は、中太麺でコシがある感じでとてもよい。また、ゆで加減が少し固めなので、最後までアツアツで、辛くて食べるのに時間がかかる酸辣湯麺にちょうどよい。

いままで、たくさん酸辣湯麺を、食べ歩いてきたが、スープ、具、麺ともにいい感じなのはここが初めて。

辛さと酸っぱさで、序盤から発汗しまくりでした。
テーブル酢は置いてあるのだが、最近酸辣湯麺の食べ過ぎで酢マニアになってしまい、ちょっとやそっとの酸っぱさでは満足できなくなってしまった私でも追加投入する気がおきない程の、酸っぱさ。

また、本当に辛く、具の白菜も、スープの唐辛子がたくさん付いてて、一見キムチに見えるくらい。

ただし、上品で高級な感じはしないので、そっち系が好みの人向けではないかも。



今日の点数は、9.0点。 グレート!!
過去最高点、初の9点台です。ただし、上級者向けなので、酸辣湯麺初心者は注意です。