2010年12月13日月曜日

[Windows7] フォルダが消せない。 TrustedInstallerうんぬんのメッセージが出る。

Windows7で古いHDDの中のフォルダを消去していたら、こんなエラーが出て消せないフォルダにぶつかった。

TrustedInstallerがフォルダの所有者なので、消せないということらしい。
自分が管理者でも、このままでは消すことができない。
消すのに少々手間取ったので、メモとして消し方を残しておきます。

以下、すべて管理者ユーザーで実行しました。
例では、古いHDDの使っていない 「Program Files」を消しています。

フォルダのプロパティを開き「セキュリティ」タブを開く
ここの「詳細設定」ボタンを押す
次のウィンドウの「所有者」タブを開く。
そこの「編集」ボタンを押す。
「サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える」にチェックを付ける。
新しい所有者として自分をクリックして選択する。
で、OKを押す。

こんなメッセージが出たので、一度、プロパティタブをOK、OK...と全部閉じる。

もう一度、フォルダプロパティを開き「セキュリティ」タブを開き「詳細設定」ボタンを押す。
今度は、「アクセス許可」タブを操作する。
ここの「アクセス許可の変更」を押す
「子オブジェクトのアクセス許可・・・」にチェックを付ける、
表の下の方から Users を選び、「編集」ボタンを押す。
フルコントロール をチェックする。

あとは、OKOK。
これで、フォルダを消せるようになりました。