2011年5月22日日曜日

多摩永山 - 味の民芸 多摩永山店 (酸辣湯麺日記第22弾)

今日は、味の民芸です。
サンリオピューロランドの帰りに寄ってきました。

普通にうどんを食べに来たのだが、見つけてしまいました。(メニュー)
黒酢の酸辣スープうどん 人気NO.1 だそうです。

値段は997円で、酸辣湯麺の相場からするとちょっと高め。野菜を大盛りにするとさらに+100円ですが、味の民芸会員になると無料になるとのことなので、その場で入会しました。

具は、値段が少し高めな分、豪華な具も入っていて、海老、にんじん、白菜、ホタテ、チンゲン菜、ネギ、トマトといったところ。

麺は、味の民芸のうどんなので問題なくおいしい。

スープは、とろみがついていて、溶き卵入りで、辛さも結構辛いのだが、はっきり言って全然酸っぱくない。黒酢の酸辣と言っている割には、黒酢の量も非常に少なく、がっかり。(黒酢をつかうならココを見習って欲しい)
スープの醤油が強いのか、味も全然酸辣という感じでない。
うどんのアドバンテージがあるにもかかわらず、チェーンの酸辣うどんなら、おはしカフェ ガストのほう(過去記事)がトータルではるかに出来がいい。



今日の点数は、 スープ× 0.5、麺△ 2.5、具△2.5で、
0.5+2.5+2.5=5.5 です。
過去最低得点。この酸辣湯麺日記的には残念ながらおすすめできません。