2010年4月3日土曜日

XPERIA買ってしまった。

XPERIA思わず買ってしまった。

かなりの大人気らしく、大手量販店に行ったら、

「予約しても1ヶ月待ちになります。」

と言われた。
予約がとても多く、そのへんの大きな店を少しまわっても全然ダメだったのだが、
細い雑居ビル3Fのすごく小さくて、少しあやしい店にいったら置いてあった。
{おっラッキー、しかも他の店より安いじゃん。}
店のおっちゃんは、
「開店からずっとXPERIAの登録作業ばかりやっている。異常な反応。」
と言っていた。

私はスマートフォンに期待を持っているほうで、以前WillcomのW-ZERO3[es]使っていたが、正直、動作は遅いし、回線も遅いし、画面も狭く使いづらかった。いろんな人に「どう?」と聞かれても、決して人には勧めなかった。
使いづらくても、パソコン的なところが気に入っていて何年か使っていたのだが、昨年Docomoの家族割りに負けてギブアップしていたのだ。

それで、今回再チャレンジしてみたのだが、XPERIAをちょっと使ってみて、
{こりゃ、すげえ}
私の中での比較対象はもちろんiPhoneでなく、W-ZERO3[es]なので、当然どこをとってもすごいのだが、もう完全に別時代の製品である。
ほんの数年でこれだけ進歩してしまうのだから、世の中面白くて仕方がない。

自分の感想だと、2000年代最初の5年よりも、後の5年のほうが、自分の生活に影響を与えるような技術の進歩がはるかに多いような気がするのである。
もしかして、歳を取って周りの変化が早く見えるだけなのかもしれないが、実感としてそうなのだ。

XPERIAを使ってみて一番気に入っているのは、メールもアドレス帳もgmailを使っているので、突然端末がぶっこわれても、そのへん全くOKのところかな。クラウド万歳。
一番困るのは、やはり電池がすぐなくなるところだろうか。通勤時間これで遊んでいると、家でも会社でも充電は必須である。

とりあえず、XPERIAいじっていて面白いので、アプリを何か作ってandroidマーケットに並べてみるのが目標です。

あと、今年はいろいろお金を使いすぎたので、
「今年は、もう1万円以上のものは絶対買わない。」
とここで宣言してみる。